借入 審査 契約

借入 審査の契約について

審査に通れば本契約となります。つまりお金を借りることができる状態になります。ここでは再度契約意思を確認されます。それはいいのですが、郵送で送られてくる書面の会員規約はびっしりと記載されており・読む気力が起こらないですよね?そこで、気になる項目のみをピックアップしたいと思います。

 

利用限度額

この利用限度額ですが、勤務先や勤続年数、大手の会社か中小企業かなどで変わってくるところです。しかし最近では総量規制が成立しましたので、そこまで大きな利用限度額はないと思います。また、住宅ローンなどの大きな金額の場合は、やはり銀行などを利用するのが一番ではないでしょうか?
ただここで注意する点ですが、「当社が相当とに認めた場合」、利用限度額が変動するという点になります。
以前であれば、使った金額を期日通りに返済していれば・どんどん利用限度額は増大していく傾向になりました。これがやっかいで、自分のお金だと勘違いしてしまうようになり、返せなくなった人も少なくないようです。
この点から見ると、総量規制が成立してよかったのでは?とつくづく思います。ちなみに、利用限度額が下がるケースも考えられます。その時は、いついつまでにオーバーした分を返済してくださいという通知が来る可能性も0ではありませんので、本当に必要な時だけ借入れをしたいところです。

 

届出事項の変更

最初の審査の時に記載した住所や勤務先、電話番号などに変更があった場合には、届け出る必要があります。もちろん、通常通りに利用していれば問題はないですが、返済を1回ほど忘れてしまったとしましょう。その際、勤務先が変わっているのに届け出をしないままで、前の勤務先に確認の電話が入ったとします。もちろん、在籍はしていませんと言われます。ここで貸している側も不振に思い、貸し出しをストップするケースもあります。タイミングもあるかと思いますが、こういう手続きはわすれずに更新しておきたいところです。

 

期限の利益の喪失

わたしもこの意味が分からなかったので調べてみると、期限の利益とは、利用者は返済期限まで借りたお金を返済しなくてもいいという、当たり前の内容でした。ただし、返済に遅れてしまったり・契約内容に虚偽が見つかってしまった場合は、全額返済を要求されることもありますので、この項目を設けているのだと思います。
もちろん、返済を1回でも忘れてしまった場合でも、全額返還請求が来る可能性を示唆していますが、実際のところは電話が1本かかってくるケースが多いと思います。そして、このようなやり取りが増えると、全額返還請求が来ると思います。